新宿区中里町神楽坂駅・牛込神楽坂駅の泌尿器科・女性泌尿器科・内科
〒162-0804 東京都新宿区中里町13(旧金成湯)
MENU

泌尿器がん

泌尿器がん(腎臓癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌)

こんな症状の方はこの疾患を疑います
血尿、尿に固形物が混じっている、背中が痛い、下腹の違和感

泌尿器科で扱う癌はおしっこの通り道に出来る癌が多くあります。
具体的には腎臓癌、腎盂癌、尿管癌、膀胱癌、前立腺癌です。稀な癌としては精巣癌や尿道癌などもあります。

腎臓癌は通常、症状が無い方が多く、健康診断のエコー検査などで見つかることが多い癌です。早期発見の腎臓癌は治療を受ければ予後が良い癌とされています。現在の治療の中心はロボットを用いた腎部分切除術です。腎臓の癌の部分だけをくり抜く腎機能を温存しながら癌の治療を可能にしています。

腎盂癌、尿管癌、膀胱癌は尿の通り道に出来る癌です。血尿で発見されることが多いです。
目で見て赤いおしっこでは無くても顕微鏡で見ると血液が混じっていることがあります。

これらの癌は再発率が高く、早期発見、治療がとても大切です。当院では院長自ら検尿を顕微鏡で行います。血尿がある方はエコー検査や膀胱鏡検査などの精密検査を当院で行うことが出来ます。

当院では常に最新の知見の収集をしながら患者様に併せた治療方法を提案させていただきます。他院にて提示された治療方法に疑問をお持ちの方も是非ご相談ください。

前立腺癌

前立腺癌は男性特有の癌で、かなり進行するまで症状が無いことがほとんどです。
食事の欧米化に伴い、日本でも爆発的に患者数が増えています。2016年のがん統計では男性の罹患数で第2位となっており、増加率からはいずれ1位になると言われています。
症状が乏しい癌なので、検診が非常に重要です。

検診は採血でPSAという腫瘍マーカーを測って行います。
早期発見、治療を行えば死亡率は非常に低い癌ですので50歳を超えたら年に1度はPSA検診をお勧めいたします。

当院ではPSAの即日診断も可能ですので、気になる方はおっしゃってください。

他院にて前立腺癌ホルモン療法を受けている方は当院で継続してホルモン治療を行うことも出来ます。前立腺癌治療は手術療法を始め、ホルモン療法、内服抗がん剤治療など治療選択肢が豊富で日進月歩で治療方法が改良されている分野です。

当院では常に最新の知見の収集をしながら患者様に併せた治療方法を提案させていただきます。他院にて提示された治療方法に疑問をお持ちの方も是非ご相談ください。